頭痛の種類

頭痛といっても様々な種類があり、原因・特徴・痛みなどもそれぞれ違います。それらの特徴を知っていれば対処できるかもしれません。あまりに痛みが酷い場合には、オステオパシー施術院をご利用ください。

片頭痛

頭部の血管が拡張し、炎症を起こして痛むとされています。原因はセロトニンという物質によって血管が一時的に収縮して、脳の血流量が低下し、セロトニンが減少してくると一気に血管が拡張するためという説と、何らかの刺激によって興奮した三叉神経が、血管拡張作用のある物質を放出するためという説があります。
女性に多く見られ、脈に合わせてズキンズキンとした痛みが出てきます。
光や騒音、臭いに対して過敏になる。ストレスやストレスから解放されたときなどに起こる。体動、ワインやチーズ、カフェイン、アルコールなどが引き金になるとされています。
この痛みは一度出ると4~72時間ほど続くといわれています。痛みは頭の片側に起こることもあれば、両側に出ることもあります。痛みが酷くなると、吐き気や嘔吐を伴うことも多いとされています。

特徴として痛みが出る前に「閃輝暗点(せんきあんてん)」と呼ばれるチカチカとした白い光が見え、次第に大きくなっていきます。休息や睡眠、光や音などの刺激を避けることで軽快するといわれています。

緊張型頭痛

年齢や性別に関係なく、誰でもなる可能性のある頭痛です。精神的ストレスや身体的ストレスにより、血流が悪くなり酸素の供給が上手くいかないことで起こることがあります。
後頭部から頭部全体に締め付けられたような感覚があり、鈍い痛みがしばらく続きます。一般的には日常生活に支障をきたすことはありませんが、慢性化すると日常的に続くのがこの頭痛の特徴です。吐き気や視覚障害をともなうことは少ないとされていますが、肩こりや首こり、めまい、ふらつき、だるさなどを伴うことは多いとされています。

正しい姿勢、体操、また蒸しタオルや入浴の際に首や肩の周りを温め、ストレッチやマッサージをすることで痛みを和らげることができます。不安や緊張、疲労などストレスを溜めないようにすることも大切です。

群発頭痛

この頭痛は生きている内に経験するであろう心筋梗塞・尿路結石などに並ぶ三大痛といわれています。発作的に片側の眼窩の奥を中心とした激しい痛みで明け方など毎日同じ時間に起こるのが特徴で片側の涙や鼻水、鼻づまりなどの症状も伴います。1~2ヶ月持続し、慢性化すると1年続くこともあります。アルコールや喫煙が引き金になりうるため発作期間中はそれらはさける必要があります。

頭痛に対するオステオパシー

身体を1つのユニットとしてみるとやはり頭痛であれ全身をみていく必要があります。頭蓋や頭の付け根、頚椎をはじめ、腰椎や骨盤などの歪み、頭蓋から仙骨に伸びてつながっている硬膜の緊張やアンバランスを取り除いていくことで改善を行っていきます。

腰痛頭痛肩こりなどで悩まれている方は、オステオパシー施術院がおすすめです。施術後には痛みが和らぎ、体がすっきりしたように感じるでしょう。またオステオパシーは自然治癒力を高めることを目的とした施術法になっているので、体にいい変化を期待できるはずです。当院は熊本市にあるオステオパシー施術院です。