肩こりの原因を知る

つらい肩こりは、日々の生活にも支障をきたすものです。肩こりの原因を知って、肩こりのつらい痛みの改善・肩こりの予防に役立てましょう。

血行が悪い

つらい肩こりは温めたりマッサージしたりすると、肩が軽くなったように楽になるのは、肩の筋肉の緊張が緩和されて血の巡りが良くなるためです。血液は身体に酸素や栄養を送る役目がありますので、血行が悪くなってしまうと、正常に酸素や栄養が身体に行き渡らなくなってしまいます。酸素が筋肉に送られないと筋肉が硬くなってしまい血管を圧迫させるため、余計に血行が悪くなるという悪循環になってしまいます。 血行を良くするには、生活習慣を改善するように意識することが必要になってきます。

筋肉疲労を起こしている

重たいものを持ったり、同じ姿勢で長い時間作業をしたりすると、肩の筋肉が筋肉疲労を起こしてしまい、肩こりになってしまいます。同じ筋肉を酷使すると筋肉疲労を起こしやすいので、作業を行う際などは気をつける必要があります。

末梢神経が傷ついている

末梢神経とは、脳や脊髄以外の全身に張りめぐらされた神経のことで、この神経は硬くなってしまった筋肉などで傷つく場合があります。傷がついてしまった部分は、痛みを感じたり違和感を覚えたりしますので、それが肩こりの症状として脳に伝わるのです。末梢神経に傷がついてしまった場合は、再生を促すようにしなければなりません。細胞の再生には、自然治癒力を高めることが大切です。

つらい肩こりにお悩みなら、オステオパシー専門院のご利用がおすすめです。オステオパシー専門院ではアメリカを発祥とする自然医学のオステオパシーを利用し、自然治癒力を高めることを目的とした施術を行います。体内の自然治癒力が高くなると、肩こり腰痛頭痛などの改善や予防に期待できます。
慢性的な肩こりにお悩みの方、自然治癒力を高めたい方、熊本市でオステオパシー専門院をお探しの方、ぜひ当院をご利用ください。